■IHSE■ KVMシステムを訴求 高画質■ 低遅延を実現

IP CON R488シリーズ
 伊藤忠ケーブルシステムが取り扱う、KVMシステムの主力企業である独IHSE社製品は、高機能と高品質により、各国の映像・放送業界、政府系機関、金融、医療、航空交通設備といった重要な基幹設備に数多く採用されている。
 KVMシステムとは、PC本体とKVM(キーボード、ディスプレー、マウス)をエクステンダーで延長することで、離れた場所での操作を可能にするもの。KVMマトリクススイッチシステムを構築することで、自由にKVM切り替えが可能になる。
 IHSEの製品は、独自プロトコルの使用により安定した動作、高画質、低遅延を実現。PC直結のような優れた操作性、ビデオ解像度やシステム規模に依存しない、豊富なアクセス権限メニューなどの特徴を備える。
 「IP CON R488シリーズ」は、メーカー初のTCP/IP対応モデルで、TCP/IPネットワークからKVMマトリクスにアクセスするためのゲートウェイで、独自プロトコルの優位点を維持しながらリモートアクセスが可能。
 スタンドアロンモデル「R488―1IPHHL」は、TCP/IP経由で特定のPCに接続可能。ローカルHDMI入力、ローカルUSB入力を備え、1対複数アクセスも可能。